旦那の浮気
129 PV
0

夫の浮気が発覚!離婚するときの慰謝料は一体どうなる?

0523

夫が浮気していると知ったらどうしますか?

「もう離婚よ!」

と言ってしまいたくなる気持ちもわかりますが、まだその時ではありません。今後のことを何も考えず安易に離婚を決めた人は、後々「離婚しなければよかった…」と考えることが多いようです。

中でも金銭面に頭を抱える女性は少なくありません。家計の柱であった夫と別れ、働きながら子どもの面倒を見なければならないその苦労は計り知れません。

さて、夫の浮気が原因で離婚する場合、夫と浮気相手の両方に慰謝料を請求することができます。今後の生活のために慰謝料はなるべく多く勝ち取りたいと考えるのは自然なことです。では一体どうすれば慰謝料を増やせるのか、今回はそのあたりを見ていきましょう。

慰謝料はどうやって決まる?

慰謝料の総額は、請求する側の精神的苦痛によって決まることが多いです。具体的には、婚姻年数、子供がいるか、家庭の状態、浮気の内容などが考慮されます。

離婚する場合の慰謝料の相場は100~300万円の範囲に収まるのが一般的ですが、場合によってはそれ以上にもそれ以下にもなります。

慰謝料が低くなる要因

  • 浮気が発覚する前から婚姻関係が破綻していた
  • 夫の浮気に関して妻の方にも落ち度があった
  • 相手が既に社会的制裁(左遷や減給など)を受けている

このようなケースでは、慰謝料が減額となる場合が多いです。

慰謝料が高くなる要因

  • 浮気相手が夫が既婚者だと知っていた
  • 婚姻期間が長い
  • 浮気の期間が長いまたは頻度が多い
  • 浮気が明らかなのに否認している
  • 浮気相手との間に子どもができた

このような場合は慰謝料が増額される可能性が高く、浮気が悪質なほど高い慰謝料で決着がついていると言えます。

慰謝料の底上げには、浮気の確かな証拠をどれだけ集められるかがポイントになります。状況に応じて離婚問題に詳しい弁護士や探偵に相談して、アドバイスを貰うようにするといいでしょう。

慰謝料を確実に請求するために必要な証拠

証拠が多ければ多いほど慰謝料増額に繋がりますが、証拠が何もなければ慰謝料どころか浮気(ここでは肉体関係を伴うものとします。)の事実さえも認められない可能性も出てきます。

まずは浮気を認めさせるために必要な証拠を見ていきましょう。

写真や映像

浮気を最も力強く立証できるものは、やはり写真やビデオなどの映像です。ただし、肉体関係があったことを証明するにはラブホテルなどの出入りを記録したものでなくてはなりません。

また、デジカメなどの写真は簡単に編集できてしまうので、連続した写真や撮影場所・日時などもあわせて用意したほうが確実と言えます。

録音した会話

夫が浮気を認めるような発言をした場合、それを録音する(無断でも可)ことで証拠とすることができます。

この場合、相手を挑発したり強引に発言させるようなやりとりだと証拠として認められないことがあるので、あくまでも冷静な話し合いの中での発言だとわかるようにやりとり全体を録音するようにしましょう。

メールやLINEでのやりとり

単体だと証拠としての能力は低いですが、他の証拠の裏付けとして力を発揮します。例えば、ラブホテルで密会する前後で、性的行為を思わせるような内容のものなどが有効です。

なお、内容を見たというだけでは証拠となりませんので、画面を撮影するなどして記録しておく必要があります。

その他に証拠となるもの

  • 第三者の証言
  • 浮気を認める手紙や日記など
  • 浮気相手からの手紙や贈り物など
  • ラブホテルなどのレシート・カードの利用明細など
  • ホテルや浮気相手の家に行ったGPSの履歴

これらも単体ではなく、他の証拠と組み合わせることで認められる場合が多いです。

証拠を集める方法

大抵の証拠は自分でなんとかできますが、最大の証拠となるホテルを出入りする写真などは探偵並みの尾行力がないとどうしようもありません。

そういうときは「GPS発信機」を使う方法があります。GPSを夫に車に仕込んでおけばホテルに行ったことはひと目で分かりますし、その気になれば後を追いかけて写真を取ることだってできます。

GPSを使った証拠集めの方法は以下の記事を参考にしてください。

(参考:GPSを使って浮気調査!夫の行き先をリアルタイムで把握

おすすめGPSレンタル





*



TOPへ