旦那の浮気
194 PV
0

浮気調査のために旦那の車にこっそりGPSをつけるのは違法ですか?

手錠

GPS発信機はもともと探偵が使っているものでしたが、今はインターネットの通販で私達も同じものをレンタルして使えるようになりました。

浮気を調べるためにネットで情報収集して、GPS発信機を使う方法があると知った方も多いのではないのでしょうか。

そのGPS発信機ですが、こっそり使うのは夫婦といえど「プライバシーの侵害になるのでは?」と思う方も多いでしょう。

ですが、ご安心ください。間違った使い方をしなければ法的に咎められることはありません。ここでは正しくGPS発信機を使う方法を見ていきましょう。

同意がある場合

本人が了承していれば、当然なんの問題もありません。(そういう旦那さんは稀でしょうが

…。)

そもそも、わざわざ本人に宣言してGPSをもたせる場合は「浮気の防止」が目的になります。GPSを持たされてると知りながら堂々と浮気をする人はまずいないでしょう。

「浮気を確かめる」にはやはりこっそり持たせなければなりません。

こっそり仕掛ける場合

レンタルできるGPS発信機は、主に車用として使うことを想定されています。そのため、「旦那の車にこっそり仕掛ける」ことで最大の効果を発揮すると言えるでしょう。

ところで、ご家庭の車は夫婦どちらの名義ですか? 旦那さんが会社勤めで奥さんは専業主婦の場合、旦那さん名義の場合がほとんどでしょう。

「旦那名義の車にGPS仕掛けるのはさすがにマズいのでは?」

そんな事はありません。家庭で所有している車は夫婦どちらの名義でも「夫婦の共有財産」です。例え運転する割合が夫10:妻0でも問題ありません。

仮にGPSを仕掛けたことがバレても、「夫に浮気の疑いがあったため」などもっともな理由があればそれ以上咎められることはないでしょう。

GPSを使ってはいけない場合

冒頭で「間違った使い方をしなければ」と含みのある表現をしたのは、GPSを使う上で間接的に法に触れる可能性があるからです。

浮気相手に仕掛ける

これは立派なプライバシーの侵害になる可能性があります。GPSは旦那だけにとどめ、浮気相手を探る場合は探偵や弁護士などの専門家に委ねましょう。

自宅以外の場所で仕掛ける

「自宅で仕掛けると夫にバレそうだから会社の駐車場で…」のような場合、不法侵入になる可能性があります。浮気相手の車に仕掛けようとして敷地内に立ち入った場合は、上記と合わせダブルでタブーを犯すことになります。

ただ単に監視したいだけ

旦那さんに浮気の疑いがないにもかかわらずといった場合は、もしGPSがバレて訴えられたときに「正当な理由がない」と捉えられて何らかのペナルティを負う可能性があります。

結論

旦那さんに浮気の疑いがある場合、家庭所有の車自宅敷地内でこっそりGPS発信機を仕掛ければ違法にはなりません!

私も使った浮気調査にオススメのGPSを下記のページで紹介しています。旦那の浮気を確かめたい!という方は是非参考にしてください。

おすすめGPSレンタル





*



TOPへ